当社のランディングページ制作は、目標から逆算して行います。
獲得したいターゲットの集客数や、お問い合わせや購入などのコンバージョンを達成するためには、
あらかじめ様々な前提条件から構築していく必要があります。

ランディングページで達成したい目標を設定します。
通販サイトであれば売上金額、美容室であれば来店予約の電話本数、BtoB商材であれば、見込み顧客からの問い合わせ数などをお申し付けください。その上で当社にて、達成するための具体的な計画を立てます。

そもそも、お客様がターゲットにしたい見込みユーザーが、検索エンジン(Yahoo!、Google)利用者の中にどれくらいの人数がいるのか? といったことから調査する必要があります。
見込みユーザーの規模は、検索キーワードの検索回数によって判断することができます。

リスティング広告で露出するキーワードを決定します。
そのキーワードで検索した際にランディングページが上位に露出されることで、検索回数に見合った集客数を
確保できます。 多くの場合は、検索回数がより多いキーワードが効果的です。

ランディングページで目標を達成するためには、競合のホームページがどのようなコンテンツ(情報)を
どのようなデザイン(見せ方)をしているのかを、あらかじめ調査しておく必要があります。
そうすることで、競合のランディングページよりもユーザーにとって魅力的なデザインコンテンツ指針を
“合理的に”導き出せるのです。

ランディングページのシナリオ設計には、パタンやルールがあるわけではなく、
メリット訴求⇒アクション装置(問い合わせ・申込みボタン)をただ繰り返しても成果は得られません。
商材の価格やターゲット、競合サイトの状況に応じて、様々なシナリオ設計を行う必要があります。

近年、インターネット上に存在するランディングページは増え続けています。
単に奇抜でインパクトのあるデザインだけではなかなか勝ち残れません。
信頼性を醸成したり、問い合わせや購入の妨げになりうる「不安要素」をいかに払拭できるかが、勝敗を分けるケースが増えています。

リスティング広告の順位は、「入札価格×品質スコア(インデックス)」によって決まります。そのため、品質スコアが高いほど、入札価格を抑えることができます。 品質スコアを図る指標の一つに、「ランディングページとキーワード&広告文とのマッチング」というものがあります。当院では、これを「ランディングページのリスティング最適化」と呼び、以下条件を満たすランディングページを制作します。