ABテストなんて必要ねぇ!ABテストなんて必要ねぇ!

当たり前のことをキッチリやる
頑固職人マーク頑固職人マーク

ターゲットマッチングターゲットマッチング

醤油か味噌かはっきりさせろ!

ターゲットマッチングとは?

ターゲット属性ごとのニーズを踏まえたターゲティング設定はランディングページ制作における必須要件です。
中でもコア・ターゲット属性(最も期待値の高いターゲット)がランディング(ページに訪れた)した際に、ターゲットが「私が見るべきページである」と、どれだけ強く認識させられるか?でコンバージョンは大きく左右されます。

醤油ラーメンが売りの店舗で例えると・・・

コンバージョン期待値が高い

そんなの当たり前じゃないか!
でも、その当たり前、できてますか?
コア・ターゲット属性に対して十分に訴求コア・ターゲット属性に対して十分に訴求ターゲットマッチングターゲットマッチング
頑固職人マーク頑固職人マーク

ターゲット規模の最大化ターゲット規模の最大化

醤油好き、味噌好き、両方に愛されろ!

ターゲット規模の最大化とは?

ターゲット属性ごとの規模(コンバージョン見込みユーザー数)を踏まえたターゲティング設定はランディングページ制作における必須要件です。
コンバージョン期待値の高いターゲットゾーンの母数が不十分である場合、コンバージョン期待値の高くないターゲットゾーンにも刺さるランディングページでなくてはなりません。

醤油ラーメンが売りの店舗で例えると・・・

コンバージョン期待値が高い

これも・・当たり前だよね!?
でも、その当たり前、できてますか?
コンバージョン見込みユーザーの十分な母数コンバージョン見込みユーザーの十分な母数ターゲット規模の最大化にこだわりますターゲット規模の最大化にこだわります
頑固職人マーク頑固職人マーク

攻めと守りのバランス攻めと守りのバランス

スープと麺、両方にこだわれ!

攻めと守りのバランスとは?

[攻め]とは、サービス(商材)の[強み・メリット]に相当するコンテンツです。
[守り]とは、サービス(商材)の強み・メリットの[根拠・裏付け(実績・お客様の声など)]に相当するコンテンツです。
ランディングページはその「攻め」「守り」に相当するコンテンツがバランス良く配置されている状態が理想的です。
御社のサービス(商材)や、その競合の状況により、攻めと守りをそれぞれどのくらいの比率で、どのような順序で訴求するのがベストであるかが異なります。

"強み・眼ロット"を"麺"に、"その根拠・裏付け"を"スープ"に例えると

コンバージョン期待値が高い

これも当たり前だよね?
でも、その当たり前、できてますか?
強み・メリットと根拠・裏付けのコンテンツをバランスよく配置コア・ターゲット属性に対して十分に訴求攻めと守りのバランスにこだわります攻めと守りのバランスにこだわります
頑固職人マーク頑固職人マーク

読ませるのでなく、魅せる読ませるのでなく、魅せる

全部乗せが旨いとは限らない!

読ませるのでなく、魅せるとは?

情報商材のランディングページ(セールスレター)でない限りは、より文字数の少ない見出しコピー、より文章量が少ないに越したことはありません。
ぼーっと眺めただけでも、メリットとその根拠、サービス基本情報を把握できるような、読まなくても伝わるランディングページが理想的です。

・極力、わかりやすい単語を使用し簡潔にまとめる
・極力、閲覧ユーザーにとって美味しいコンテンツだけに絞ったコンテンツ構成にする

ラーメンにたとえると

コンバージョン期待値が高い

これもまぁ、当たり前だよね
でも、その当たり前、できてますか?
大しておいしくも無いコンテンツを必要以上に掲載大しておいしくも無いコンテンツを必要以上に掲載読ませるのでなく、魅せるにこだわります。読ませるのでなく、魅せるにこだわります。
頑固職人マーク頑固職人マーク

競合webサイトをトコトン調査する競合webサイトをトコトン調査する

競合ラーメン店の調査は泣きたくなるくらい入念にしろ

競合WEBサイトをトコトン調査するとは?

ランディングページは、同じインプレッション(露出媒体)を共有するWEB上の競合サービスに対して、ユーザー視点でどのくらい優位性があるかどうか?で、獲得できるコンバージョン数が決まります。
競合WEBサイトよりも優位に立つためにどんなランディングページにしたらよいか?は、より多くの競合WEBサイトを、より深く理解することで、導き出されます。
極論、競合WEBサイト調査さえしっかり行えば、自分のランディングページにどんなコンテンツをどのように掲載すべきか、おのずとその答えがわかるのです。

ラーメン店の出店(東京都内)に例えると

コンバージョン獲得力がさらに高くなる

そりゃ当たり前だよね!?
でも、その当たり前、できてますか?
競合Webサイトよりも優位にたつために妥協を許さず調査競合Webサイトよりも優位にたつために妥協を許さず調査競合サイトをトコトン調査することにこだわります。読ませるのでなく、魅せるにこだわります。
頑固職人に問い合わせる
ABテストって必要か? 麺と具はそのままで、スープだけ入れ替える

俺が作るランディングページは、麺、スープはもちろん、チャーシュー、メンマ、ネギなどの具材にも、その一杯のためにこだわり抜いて厳選している。 どれか一つでも変えられちゃあ、味が不味くなる。
俺に言わせりゃ、ABテストなんざ、味噌ラーメンの麺と具はそのままで、スープだけ豚骨に入れ替えるようなもの。
そんなのは絶対許せねぇ。
万が一、俺の作ったランディングページが、PDCAサイクルの中で客ウケしなかったら、そのときはさすがに改善しなけりゃならない。
だけどな、最初からABテストを視野に入れたようなものは作らねぇ。
「これなら確実に高コンバージョンが出る!」という唯一無二のランディングページを作るからな。

ランディングページ頑固職人 ホームページ救済センター 代表:鳥居塚 誠ランディングページ頑固職人 ホームページ救済センター 代表:鳥居塚 誠

代表 鳥居塚誠随分前から、「CVR○○%アップ!」などを謳うランディングページ(Webサイト)制作会社やリスティング会社の広告を多数見かけますが、CVRとはそんなに簡単にアップできるものなのでしょうか? 元のランディングページ(Webサイト)やリスティング運用があまりにも至らないものであれば、簡単にCVRを改善することができるかも知れません。または、クリエイティブの力などで一時的には劇的にCVRを向上させることはできるかも知れません。


しかし、確実にCVRを向上させ、なおかつ継続的にそれを維持するというのはとても難しいことです。自社のCVRが劇的に向上すれば、競合サイトが黙ってはいないからです。


Webマーケティングというのは、リスティング広告をはじめとする有料広告、SEOによる自然検索、ランディングページ、すべてにおいて常に競合とのせめぎ合いです。
競合の出方に応じて、リスティング広告のキーワードの入札単価を見直したり、SEOスコアを稼ぐためのコンテンツ量を増やしたり、ランディングページ(Webサイト)を改善したりを行い続ける必要があります。


私が提供するランディングページは、その改善のスパンを極力長引かせられるような、つまりは継続的に高CVRを維持できることを見据えて制作された成果物です。
当然、私が制作したランディングページでも、競合の出方次第で、早々にCVRが下がってしまう可能性も孕んでいます。
しかし、同じインプレッション(露出媒体)を共有するWeb上の競合サービスを独自の手法で調査することにより、確実性高く、中・長期的にコンバージョンを維持できるランディングページ制作を実現しています。